2015年10月30日

岐阜の旅E 岐阜大仏 川原町界隈

岐阜公園をさら〜っとスルーして。
次に向かったのはこちら



正法寺。ここに大きな大仏さまがいるらしいのです。
ここでいいのかなぁ〜とぐるっと裏手に行ってみると



正法寺の本堂がありました。特徴のある造りですね。
何か、誰もいなくて寂しい感じだったんですが、入館料を払って
中に入ってみると



きらきらと光り輝く岐阜大仏が。
思わずおーーーっと声が出るくらい、何かその迫力に圧倒されます。



とても優しいお顔の高さ13.63mの大仏さま。
木と竹と粘土で作った型に経典が書かれた和紙を貼り
漆と金箔で仕上げるという珍しい技法が施されていて
別名「カゴ大仏」とも呼ばれているそうです。

これは、近くに行った際には見た方がいいですよ。

…で、大仏様を後に。次は川原町界隈へと歩きました。





格子のある町家、赤くて丸いポスト、蔵の高い黒壁には挟まれた路地。
間口が狭く奥行きのある昔ながらの日本家屋が続く町並には
古きよき趣はそのままに、町家や蔵を改装したお店も点在していました。










2015.10.17

街をず〜っと歩いて行くと鵜飼観覧船乗り場が。









マンホールも鵜飼いですね〜。






posted by 杏 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行ってきました♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428698419
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック